シャンプーで頭皮ケアをする大切さ


頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂をそのままにしておくと、
雑菌が繁殖し頭皮がアルカリ性にかたむいて、
髪の成長に悪影響を与えてしまうことがあります。

髪が充分に成長する前に抜けてしまうことがあるので、
クレンジングシャンプーでしっかり頭皮ケアを行うことが大切です。

シャンプーで頭皮ケア

そんなときにコスメティックスのクレンジングシャンプーを使用すると、
頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂もスッキリ洗浄、頭皮をケアして
健康的な髪へと導いてくれます。

コスメティックスは弱酸性の洗浄成分を使用しているので、
アルカリ性にかたむいてしまった頭皮を、健康な時の弱酸性に変えてくれます。

コスメティックスを使用するときは、
頭皮に有効成分が良く浸透するように、シャンプーしてマッサージしながら
やさしく洗ってください。

マッサージすることで頭皮の血行も良くなり、健康的な髪への
成長に必要な栄養が届きやすくなります。

コスメティックスはリラックスできる天然香料配合で、ご自宅に居ながら
ヘッドスパができるのが良いですね。

消費者庁の表示対策は?クレンジングシャンプーの水素イオン濃度指数(pH)について

ここで気になるのが、クレンジングシャンプーに含まれる水素イオン濃度指数(pH)です。
pHは0から14の数値で示されるもので、0に近づくほど強酸性、14に近づくほど強アルカリ性で、7は完全な中性を示します。

人の肌表面を覆う汗と皮脂の混じり合った皮脂膜はおよそpH値5.5~6程度であり、
この濃度が肌から水分の蒸発と雑菌やカビなどから守るために最適なことから
肌には中性に近い弱酸性がベストと言われています。

シャンプーの洗浄力

ちなみにシャンプーや化粧品などは消費者庁によって定められた「家庭用品品質表示法」では
「液性」という分類で「pHが8以下6以上のものに限り「中性」と表示し、11以下8を超えるものを
「弱アルカリ性」、11を超えるものは「アルカリ性」、6未満3以上のものを「弱酸性」、3未満のものを
「酸性」と表示する」ように義務付けされています。

そのため、クレンジングシャンプーを購入する場合は、アミノ酸・オーガニック・ボタニカル寄りの
弱酸性がおすすめなので液性を確認することが大切です。

なお、弱酸性の中でもアミノ酸系のクレンジングシャンプーは弱酸性だと弱くなりがちな洗浄力も
落とさずキープしているため、髪と頭皮の双方に優しいシャンプーとして安定した人気となっています。

 

ホーム
サイトマップ 潤い クレンジング 私が使っているIPSコスメティックス 基礎 ピーリング スキンケア健康面・美容面ipsコスメティックス  適切に保管  ハリや弾力  株式会社IPSコスメティックス企業理念  小じわ  優しい製品  美髪効果  酵母菌  自ら美しくなるアイ・ピー・エス  サプリメント  正しい知識  アイシャドウ  企業イメージ  質を高める株式会社ipsコスメティックス  ipsコスメティックス販売員になる  アイ・ピー・エス化粧品の肌質向上に  肌荒れの対応  トラブルの回避  クレンジングシャンプーの効き目  役立つ情報サイト